宅配の不在通知にはうんざり ー 宅配ボックスを作った

皆さん こんにちは。 企画設計の太田です
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
建築家とつくる「木の家」
静岡・焼津・藤枝・島田・金谷・菊川・掛川
コバヤシ建築は家づくりの難問を解決します
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「宅配ボックス」って今まで真面目に考えたことがなかったんですが、ただ大きな郵便受けでは具合が悪いだろうというぐらいは漠然と思ってました。改めて考えてみるに、品物が盗難にあってはいけないし、配達する方の職務を全うさせてあげる配慮も必要だろうと。

具体的には
①荷物が入ったボックスそのものが、まるごと盗難されないこと。
②配達員が荷物を宅配ボックスに一旦入れ施錠すれば、受取人が解錠しない限り取り出せないこと。
③配達員さんに荷物受け取りの確認印をすること
このあたりの条件を満たせば、責任の所在は宅配業者さんから注文者へ渡って、配達員さんは安心して荷物をおいていくことが出来るのではないか。

ググってみたところこのような論旨でブログ記事を上げている方が結構いましたのでそれらを参考というかほとんどパクりました。作るための資材もほとんどネット購入です。注文するにあたりスケール感が今ひとつ把握できずに荷物が届いて、大きさにびっくりということもありましたが概ねうまくいって結果には非常に満足しています

以下に概要を記しておきます

自宅の玄関ポーチに設置した様子です。ここで配達員さんがドアベルを鳴らして不在であればこのボックスに気がつくはずです。外階段を登り、2階に位置していますが、不審者が変なことをしていれば階下の人や近隣の住民が気がつくようなロケーションです。
届いてビックリしました。結構大きなボックスです。ネットで注文するものはほとんど書籍のたぐいなのでちょっと過大かなと。まぁ杞憂であることがあとでわかります。
JEJ ルームパック 620 収納庫 ストッカー
灯油タンク2つが入る大きさです

施錠用の穴がもともとのボックスに付いていないと自作は大変めんどくさいものになります。参考記事が指摘するように脚長の南京錠を選びましたが正直小さいです。まあいいや。ネットで購入しましたが、鍵はホームセンターで実物を見て選んだ方がいいようです。

南京錠吊り長タイプ

画像がわかりにくいですが、セキュリティワイヤーの端部は壁に堅牢についた金物につなげています。このセキュリティワイヤーはちょっと太すぎましたね。もともとノートパソコン等の盗難対策のワイヤーかな。

セキュリティワイヤー

受領書に押印をするのは配達員さんに自分でやってもらいます。朱肉の要らないハンコーケースへ100円均一で買った三文判を装着しました。そもそも押印なんてセキュリティの観点から考えればこの程度のものなんですよね。

印鑑ケース

このぐらいの荷物がすっぽり納まりました。後ろのパソコンモニターが21インチぐらいですかね。この時の荷物は確か、庭木へ薬剤を散布する手押しポンプです。この程度の大きさのものは日常的に注文するかもしれませんね。結果的には宅配ボックスの大きさは順当だったようです。
ボックスの天板に、挨拶文のようなものをコピー用紙へ印字してラミネート加工しました。宅配の配達員さんへ労をねぎらうことは大事かなぁと。

ラミネーター

これ一台あると便利ですよ。工務店には必須アイテムです。

宅配ボックスの使用方法はボックスを開けた時に読んでもらえるよう箱の底へ貼り付けました。
以上です。総額で3000円程度で出来ました。
DIYというほど大げさなこともありませんでした。

この宅配ボックスを設置してから不在通知だけが郵便受けに残されているということがなくなりました。建築的には今ひとつですが、既製品の宅配ボックスへ数万円投資して設置するまでもなく、これで十分ですね。よかったよかった。

関連記事

PAGE TOP