トータルで考える住まいづくりの資金計画 07 「土地取得関連」を少し整理します

オリジナル家具の製作

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
建築家とつくる「木の家」
静岡・焼津・藤枝・島田・金谷・菊川・掛川
家づくりに立ちはだかる難問をコバヤシ建築と一緒に考えましょう
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

本日のアイキャッチ画像

OBの施主さんに頼まれて造り付け家具を作ってます。一言で言えば戸棚です。とはいえ、かなり気合を入れてデザイン設計をしました。両サイドの引き戸の縦框には黒い質感を出したかったのでブラックウォールナットを使いました。筐体はコストダウンのためにパインの集成材フリー板を使ってます。お客さんの希望するイメージ画像、これネットでヒットして気に入った、というのを拝見させて頂いて、おっ、これかっこいい、と。今どきのデザインだ、と。インスタ映えっていう奴か!。最近お客さんに教えていただくことが多くなりました。お客さんとこちらの抱くイメージが一致すれば、あとはそれを実現するための方法を考える。これが僕の方法論かな。この家具、現場設置が完了したら、詳しく一本の記事にしようと考えてます。

ネットに真実はあるか!?

ネットって面白いですね。一つの事柄について複数の文献にあたると少しづつ見解が違っていたりします。
それで最大公約数的にとらえて何が正しいのかを判断するのは結局自分の主観だったりするわけです。
主張が権威のある団体からのものだったりして、いわゆる威光効果がその判断を狂わせることもあります。
さて、ちょっと的はずれな言い訳めいたことを言っておりますが、ここでちょっと最近の記事内容を訂正させて
頂きたいと思います。まぁ、PDCAを回すってこういうことですからご勘弁願います。

あっ、ところで私の記事によく出てくる用語「PDCA」ってなんだかご存知ですか?
P(plan) 企画する
D(do)  実行する
C(check) 改善点を見いだす
A(actionまたはadjust)反省を踏まえて行動または修正する
生産、品質管理などをすすめるためのセオリーです。近代品質管理手法の生みの親デミング博士が提唱した
システム理論です。

立ち止まって整理  「土地取得時にかかる費用」の枠組みを変えてみました

「トータルで考える住まいづくりの資金計画」いうテーマを書くに当たり最初に私は ①「土地取得関連費用」には
1-1 土地代金
1-2 売買契約書印紙代
1-3 固定資産・都市計画税清算金
1-4 仲介手数料
1-5 所有権移転登記料
というものがあるよって言いましたが、記事を書くのと並行してあれこれ調べ続けていくうちに「これ順番を入れ替えて
整理しておいたほうがいいな、まてよ、カテゴリーをもう少し慎重にすべきじゃないか?」と思うに至りました。
以下の如くです

1-1 土地代金
1-2 仲介手数料
1-3 所有権移転に伴う清算金(固定資産税・都市計画税)
1-4 土地購入する時にかかる税金(印紙税・登録免許税・不動産取得税)
1-5 登記費用(所有権移転登記)

それでは次回から宜しくおねがいします
次回記事は「1-4 土地購入する時にかかる税金(印紙税・登録免許税・不動産取得税)」です。
またお会いしましょう

関連記事

  1. 仮設足場の治具
  2. 気の利いた手摺
PAGE TOP