自宅へ「漏水の疑い」通知が来た その時プロは

量水器のパイロット

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
建築家とつくる「木の家」
静岡・焼津・藤枝・島田・金谷・菊川・掛川
コバヤシ建築スタッフ太田慎吾のブログです
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

漏水の疑い通知一ヶ月ほど前になりますが自宅のポストへ「量水器メーターから建物側で水漏れをしている可能性があります役所の担当部署へ一度連絡をください。」という通知が2度ほど入りました。
自宅で厄介なことが起きてしまったと頭の中に真っ黒い雲がもくもくと湧き上がりましたが、毎日の仕事にかまけて事態を
放置していたため二度目の通知に至ったわけです。
これが本当だとすると、土中の配管途中で漏水している可能性のある箇所の土間コンクリートを割って、漏水箇所を調べ、
配管の修理をしてまたコンクリートを復旧するという、要するに馬鹿にならない手間暇とお金がかかるわけです。

私は、まあ住宅管理のプロですから、まず本当に漏水しているのか?そして場所を特定するにはどうしたらよいかに考えを巡らせました。
実は明るい展望もあったのです。
量水器パイロットの動作確認では、水道水の使用量を定期的に調べている検針の担当者さんは、どのようにしてわずかな漏水の可能性を知ることができたのか?
じつは水道メーターには漏水を知るためのシンプルですが非常に優れた仕組みが備わっています。
パイロットと呼ばれるダイヤルがついていて、水が少しでもメータを通過するとこれが回ります。水道の蛇口からポタポタと落ちる
水量でもこれが回ります。ですので検針しているときに留守で無人であるはずのときにパイロットがくるくる回っているということは
どこかで水が漏れてメーターを上水が通過しているということになり、これは怪しいとなるわけです。

私は漏水しているかどうか判断するために家中の蛇口をとにかく固く締めました。この時点でパイロット動作を確認。残念ですがまだ
くるくる回っています。でもこれで蛇口以外のどこかで水が流れ出ていることが確認できました。
それから、ここからが重要なんですが、まず疑うのはトイレのタンクです。水洗トイレの洋便器に洗浄用の水を貯めるタンクが付いている
のですが、(最近の機種ではタンクレスというものが流行っていますが、)この中のパッキンが経年劣化してここでほんの僅かに漏水
していることがあります。ですから、このタンクへ給水しているコックをマイナスドライバーで閉めました。
そして再度パイロットの動作を確認です。ハレルヤ!みごとにパイロットが静止。トイレのタンク内が漏水箇所と特定することができました。

私は早速役所へ電話をし、上記の如き事の顛末を伝えました。やれやれです。

土間コンクリート下のどかかで漏水しているわけではなかったのです。タンク内のパッキン部品はホームセンターで購入して簡単に取り替える
ことが出来、多額の経費をかけずに自分で修理することが出来ます。この修理状況はまた後日お伝えすることにしましょう。

ちなみに水道メーターを挟んで道路からの水道引き込み側を「一次側」、反対にメーターから住宅側を「二次側」とよび、責任の所在が
市町村と個人に明確に分けられています。二次側で発生したトラブルは個人の経費負担が原則となります。原則と書いたのは土中の漏水による
水道使用料金は申請すると軽減してくれる場合があります。修理費は個人負担となります。

お困りのことがあったら小さなことでも太田までお声掛けください。

関連記事

  1. モバイル生活
  2. 庭木の台風被害
  3. 古いブロック塀の解体
PAGE TOP