インフルエンザ予防に挑戦する 健康と住まい

ボード張りっぱなし仕上げ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
建築家とつくる「木の家」
静岡・焼津・藤枝・島田・金谷・菊川・掛川
コバヤシ建築スタッフ太田慎吾のブログです
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

インフルエンザが私の周りでも猛威をふるいはじめました。皆さんいかがお過ごしでしょうか?
接触感染、空気感染、飛沫感染などが感染経路として考えられますが、喉内にウイルスが付着して
粘膜から体内へ侵入するまでの時間が思ったよりもすばやく20分。ですから「うがい」はかなり
頻繁に行わないと効果が薄いと最近よく言われます。
それよりも四六時中飲み物を飲むことによって口内に付着したウイルスを胃の腑方面へ洗い流して、強い酸性である
胃液で殺菌してしまうのが良いようです。特に、緑茶に含まれるカテキンが殺菌効果も高いと言われ、
なかなかよろしいようですね。私が住む掛川はお茶の特産地ですからオススメです。

また、マスクは感染者がウイルスを飛散させないという感染拡大を防ぐ効果はあるものの、防護する力は
思ったよりも小さいということは心しておいたほうがよろしいようで。
罹患した人はぜひとも暫くの間は自宅に引きこもっていただくというのが正解です。

そしてインフルを防ぐ一番効果が高いのは手の消毒だそうですね。1時間おきに手についたウイルスを
死滅させて口腔への侵入を断つ。私もさっそくメタノール系の消毒ジェルを買いまして、職場、自宅、
携帯用を車へと3箇所に常備いたしました。手荒れのひどい人は強いアルコールは傷にしみますので
何か他の工夫が必要です。

あとは当たり前ですが体力の予備を残しておくこと。睡眠と栄養補給は基本です。
来年からは万がいちインフルを発症しても重篤化しないように家族ともども予防接種をしようと考えています。
衣食住と健康は一体ですが、どのような方法で積極的に取り組んで習慣化していくかが肝であります。
私みたいにこうやってこういう場で宣言してしまうというのも一つの方法であります。

皆様もご自愛ください。

関連記事

  1. 裏出口のドブへ通路橋をかける
  2. キッチンと家族をつなぐ間取り
PAGE TOP