住宅完成見学会へ行く前にすべきこととは

皆さん こんにちは。 企画設計の太田です
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
建築家とつくる「木の家」
静岡・焼津・藤枝・島田・金谷・菊川・掛川
コバヤシ建築は家づくりの難問を解決します
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

イエタテ経由でこんな質問が寄せられました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
Q.質問(概要:原文とは少し変えてあります)
モデルハウスや完成見学会などに行くとしたら、どんなところに注目したらよいか?
デザインとかぱっとみてわかるところに気を取られてしまったり、しつこく営業されて好きなように見れないのではないかと心配。
見落としがちなポイントや持って行った方がよいものなどもあれば教えて欲しい。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

これって回答するのが思ったよりもずっと難しいですね。朝からどうしたものかと考え込んでいます。
この質問者さんも含めて、これから家を建てようと考えている人もちょっと一緒に考えてみませんか。

お客様が考えている家を作る業者さんの業態ってどんな感じでしょうか?言葉を変えるとどんな家に住みたいか。それを踏まえて上記の事柄を再考すると少しは近くへたどり着ける気がします。

・ハウスメーカー仕様の規格化された大量工業製品で、品質管理されている家。とにかく「簡便さ」「安心」を買いたい。
・それとも、住まいは人格の一部であるから目立たない程度には個性を大事にしたい。たとえば「かわい」さ。
・断熱性能など数値を大事にする方もいますよね。評価しうる客観的な数字を提示してくれないと今ひとつ萌えない。エンジニアタイプの方。
・無印な器を与えてくれた後に自分で少しづつ色付けしていきたいDIY参加型。

考えてみると、これらって完成見学会訪問よりもウェブサイトの閲覧から得られる情報の密度のほうが高いかもしれませんね。

ではウェブサイトの画面からでは伝えにくい情報って何だろう?
体感的なもの。暑さ、寒さ、空気感、匂い、音の伝わり方、主婦動線的な距離感。空間の広さ。この場合、部屋が狭い、天井が低いほうが落ち着くっていうこともあります。それから空間の連続性。居間と庭のつながり感だとか。小さい子供さんに目が行き届く間取り的な安心感とか。素材の高級感みたいなものはやはり現物に触れないと今のバーチャル技術ではまだまだ伝えきれない気がします。

水回りの設備については正直、水回りメーカーのモデルルームを幾つかはしごするほうが情報量が圧倒的に多いですね。営業掛けられる心配もないし。

結論としては、ウェブサイトから得られたなかった情報を見学会、モデルルームで求める、ということですかね。一般解は見つかりませんでした。事前にネットで作り手のことを十分調べるというのが正攻法のような気がします。

このように考えると見学会場で案内してくれる担当者ってすごく重要ですね。身が引き締まる思いです。

静岡市草薙 主婦動線を活かす間取りの家

画像はご夫婦で自営業を営む施主の住まいです。主婦動線を工夫して家事の効率化を考えました。

関連記事

  1. 古い木造家屋を耐震補強する
  2. 古民家リノベーション
  3. 古民家リノベーション
PAGE TOP