商業施設だから階段手すりは少し工夫したいね

階段手摺で遊ぶ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
建築家とつくる「木の家」
静岡・焼津・藤枝・島田・金谷・菊川・掛川
コバヤシ建築スタッフ掛川市在住の太田慎吾のブログです
ご近所様よろしくおねがいします!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

世の中ゴールデン・ウィークに突入したようであるが、倉庫リノベーション工事も1期工事を終え
お茶工場部分は操業を開始した。併設したカフェも順次営業を始めたいので2期工事、外構工事
と間髪をいれずに進めていく。

2階のカフェへの階段の手すりはやはり一工夫したかった。だが経費はあまりかけたくない。
階段そのものが手をかけた割に単調な仕上がりになったのでちょっとアクセントがほしい。
手すり金物はステンレスのヘアライン仕上げで少し高級感があるものを探し出した。
丸棒はタモの集成材だが、切った先端部をラグビーボールのように削ってほしいと大工さんに
無理をお願いしてやってもらった。塗装は渋くエボニー色。オイル仕上げなのでしばらくベタつく
かもしれないがマットな感じが良いと思う。
施主は「気品がある。」と過分なお褒めをしてくれた。

このような機会を与えてくれた施主にとにかく感謝だ。

関連記事

  1. 裏出口のドブへ通路橋をかける
  2. お茶葉加工アナログ機械
PAGE TOP