ハウスメーカー、ゼネコン住宅部、設計事務所、地域ビルダー、工務店 本当のところズバッとお教えします

皆さん こんにちは。 企画設計の太田です
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
建築家とつくる「木の家」
静岡・焼津・藤枝・島田・金谷・菊川・掛川
コバヤシ建築は家づくりの難問を解決します
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この記事を読んでくださる方の中には自宅をどこの住宅会社に建ってもらおうかと悩んでおられる方も多いと思います。
住宅を供給する窓口となる会社としてはハウスメーカー、ゼネコン住宅部、設計事務所、地域ビルダー、工務店とかいろいろあるんですけれども、その違いって本当のところどうなの?というブッチャケたお話をしたいと思います。あちこちの企業に在籍したことのある私のならではの主観ですが。

【大手ハウスメーカー】
基本的に工場で部材を大量生産して現場へ運んで組み立てるというのが生産方法なので品質はおしなべて均一です。
担当の営業マンや設計者の実力によって、その出来が大きく左右することも余りありません。ただし莫大な宣伝広告費や住宅展示場の建設、維持経費を賄わなくてはならないのでその費用は商品の価格に転嫁されています。要するに建物ハードとは別にブランド、信用という形のないものもお客様は高いお金を出して買っているということになります。まあ、これも大事なことではあります。
設計的には規定の型をカタログの中から選択するという方法になりますのでお施主さんの建築に対する労力は少なくて済むと思います。消費者にとって、楽チン、あっという間、というのは大きな魅力です。
また長期の保証が受けられるのも魅力だと思います。しかしその内容や方法については情報がオープンではないのでよくわかりません。これもまた、長期の保証を可能にするコストを支える仕組みがあるということは確かです。

【ローコストハウスメーカー】
在籍したことがないのでよくわかりません。が、とにかくコストを限界まで削ぎ落とすのですからそれなりのびっくりするような手法があるのでしょう。コストカットの方法としては通常の考えでは安い素材の利用、商品規格化、大量仕入れ、工期短縮、生産のための労力の削減しかありません。
とにかく安く出来てるんです。高いものを安く売っているわけではないと思われます。

【ゼネコン系住宅部】
ゼネコンは本来、道路作ったり、橋を作ったり、大きな企業の社屋や工場などの社会インフラを作る分野に生息していましたが近年、社会インフラへの設備投資が減ったために仕事が減り、住宅建設市場に手を伸ばし始めたという経緯があります。多くの場合は
住宅コンサルタントによってマニュアル化されたフランチャイズ商品をゼネコンが買って、社内に住宅部を作るという形が多いようです。
彼らはもともと、コンクリートや鉄や土を扱うノウハウには優れていますが木造への造詣はまだ浅いように感じられます。あくまでも一般論ですがね。
外部の設計事務所で作成された膨大な量の設計図書を読み解いて、設計に忠実に作るというのが得意です。一つの仕事の規模が非常に大きく、工期が長い物を扱ってきたのがゼネコンですので、小さくて手数が非常に多い住宅製作は余り得意分野ではないようです。

【設計事務所】
アトリエ系というか、デザイン力を最大の魅力として最近では素敵な住宅を建てられる設計事務所さんが増えましたね。
自然素材の多用やエネルギー対策へも果敢に挑戦しているという印象を受けます。これはもう個々の設計士の技術、情熱によりますので自宅の住宅建築を託すのは結構リスキーかもしれませんね。仕事をお願いするかどうかの判断においては、その地域でのキャリアの長さが指標の一つになると思います。
また、現在巷にある殆どの設計事務所はプランの図面化と申請書類や法的な役所対応が主な業務ですので、前者のタイプとは違う設計事務所が多いんだなということは留意しておいたほうが良いかもしれません。

さて、いよいよ弊社コバヤシ建築が属する「地域ビルダー」又は「工務店」って一体何だということですが、これまた少々複雑な話なので次回の記事にしたいと思います。

 

関連記事

  1. ホームエレベータ リフォーム
  2. 住宅屋が作るカフェ ヤコブセンの椅子
PAGE TOP