リノベーション

満足感で『違い』を生む、コバヤシ建築の『リノベーション力』

リノベーションは古い家の基本的な構造を活かしつつ、現代の技術やデザインを取り入れることで、ライフスタイルにあった家に生まれ変わらせる工法です。

例えば、昔の住宅は部屋数が多かったりしますが、これを減らす代わりに一部屋のスペースを大きくとり、快適に過ごせるようにします。またキッチンやクローゼットなどの収納スペースを作ることで機能性を高めたり、現代風のスタイリッシュな内外観にしたりすることもできます。

加えて予算についても新たに建て替えるよりも低く抑えることが多いです。
リノベーションはメリットが多く、近年新築以外の選択肢として注目されています。

とはいえリノベーションは新築住宅よりも技術的な難易度が高いため、施工する会社の『技量』が成否を大きく左右します。コバヤシ建築にはリノベーションにおいて、お施主様にご満足いただける『理由』があります。
その理由を説明する前に・・・まずは今まで手掛けたリノベーションの施工事例をご覧ください。

なぜリノベーションは施工会社の技量で成否が分かれるのか?

リノベーションと新築住宅の最大の違いは『既存の建物の基礎、構造を活かす』という点です。新築住宅は文字通り基礎から柱、壁、内外装に至るまでイチから新しく作り上げます。
リノベーションは基礎や柱を活かしつつ、要望に合ったものにしていきます。
単純に言えばこれだけ・・・ですが今までのものを活かすコトはそう簡単ではありません。

基礎は壁を剥がしてみないと正確な状態が分からない。

耐震性能を測る上で、基礎の状態を把握しないままには進められません。とはいえそれを測るには、実際に壁を取ってみないと正確に分からないことが多のが実態です。また、基礎の上に乗っている構造柱の状態も重要ですが、これも同様です。従って年数の経った住宅では『思わぬ自体に遭遇することが当たり前』と言えるほどです。

要望に合った間取りにするのは容易、ではない。

リノベーションでは間取り変更がつきもの。しかしもともとある基礎や柱の位置によっては容易でない場合があります。部屋のスペースを大きく取るために、構造上重要な柱を取り除かなくてはならない場合などがそれに当たります。
もちろん法規に則るだけでなく、それ以上の耐久性なくしては安心して住み続けられません。
これら矛盾する要件を解決していかなくてはなりません。

既存住宅の面影を残しつつ、新しさを感じさせる『センス』が求められる。

単にコスト面だけを重視したリノベーションであれば、この点は重要ではないかも知れません。しかしリノベーションを望むお施主さまは、それだけの動機ではありません。 やはり今まであった家の面影・テイストをどこかに感じていたい、そう望まれます。ですが機能性、デザイン性を犠牲にしないリノベーションを再現するには『センス』が求められます。

リノベーションを成功させるには『高レベルの現場対応力』が必要

乱暴な言い方ですがリノベーションは『やってみないと分からない』ことが多いのです。現状の状態をふまえ、お施主さまの要望やかけられる予算を考慮しながら工事を進めていくには、高い問題解決力と現場対応力が求められます。
これがないとどうなるか?
全てはお施主さまに『妥協』を強いることになるでしょう。間取りで妥協すれば機能性、デザイン性が犠牲になるかも知れませんし、無理に要件を満たそうとすれば大きく予算を上げることになるかも知れません。

こだわりのリノベーションをしたい?それなら・・・

コバヤシ建築が行うリノベーションは、全てにおいて満足いただける!とは言いません。やはりどうしても妥協しなくてはならないシーンがあるのも事実。とはいえ建築士と熟練した技術者を擁し蜜に連携しつつ、施工できる点はお施主さまにとって大きな安心材料です。

もしあなたがこだわりのリノベーションをしたいとお考えなら、まずは私たちにご相談ください。

PAGE TOP