住宅耐震補強工事の事業PRに協力して補助金の割増をもらおう

皆さん こんにちは。 企画設計の太田です
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
建築家とつくる「木の家」
静岡・焼津・藤枝・島田・金谷・菊川・掛川
コバヤシ建築は家づくりの難問を解決します
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

住宅耐震補強工事の補助金制度利用にあたり、事業のPRに協力すると割り増しで補助金がもらえる。PRとは具体的にはどういうことを指し示すのだろうか。

静岡県の住宅耐震補強事業のPR旗を掲げることが要件の一つ

行政としては減災のために住宅の耐震化を少しでもすすめたい。ところが思ったようにこの制度利用者が増えないという。イメージするよりも耐震補強工事に多くの費用がかかり、またその補助金の手続が非常に煩雑なため、工務店サイドが嫌がるためらしい。

要件としてPR用の旗の掲示とは別に当事者からPRの文章を寄せてほしいということだった。見学会を催すという選択肢もあったがこれはちょっと難しいだろう。
お施主さんとはいろいろお話をしてお互いに信頼関係を深めていくものだが、補助金制度を利用する気持ちになった経緯をこちらから文章に仕立てて、こんな感じでしょうか?とご確認を願った結果が次の文章である。多少手前味噌になるがご容赦願いたい。事業推進のためだ。

「住宅の耐震補強工事に補助金が使える可能性があることは知っていましたが、自分が被災して多くのものを失うかもしれないということは考えたことがありませんでした。

家庭内の事故で多いのは階段からの滑落

当初は、急勾配で上り降りしにくい既存の階段を、緩やかなものに掛け直す事をメインとしたリフォームをして欲しくて工務店さんに相談していたんです。工務店の設計担当の方がおっしゃるには階段を掛け直すにあたり、既存の梁や耐力壁を痛めなければならないので詳細な構造検討が必要だということでした。

そして、どうせやるのであれば一棟まるごと耐震補強のための設計をして、その工事にかかる費用の一部を補助金で補うという方法があると提案してくれました。

この手の補助金の申請手続きや必要な書類を用意するのは、時間も、また専門的知識もありませんので素人にはなかなかハードルが高いのですが、そういったことについても内容の詳しい説明を受け、納得した上で工務店さんにサポートして頂きました。

結果的に当初考えていた費用を大分オーバー致しましたが、住み慣れた我が家でこれからも安心して住まうことが出来るようになり、大変満足しています。」

耐震補強工事のきっかけは階段を緩やかなものに掛け直すことだった


お客様と筆者

この記事が目に止まり、住宅耐震補強をしてみようかなと思ってくれたら幸いである。
その折はぜひとも弊社へお声掛け願いたい。難解、困難な現場大歓迎である。

島田市の住宅耐震補強事業のページはこちら
当年度の補助金予算枠に制限がありますのでご注意下さい

以下参考リンク
静岡市
焼津市
藤枝市
菊川市
牧之原市
掛川市

市町村によって違いがあってなかなか興味深い

関連記事

  1. 仮設足場の治具
PAGE TOP