脱ハウスメーカーのすすめ ー 建築のテーマパークを見学して

皆さん こんにちは。 企画設計の太田です
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
建築家とつくる「木の家」
静岡・焼津・藤枝・島田・金谷・菊川・掛川
コバヤシ建築は家づくりの難問を解決します
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

8/14お盆休みを利用して県内西部のある建築家さんの展示場といいますか、もはやテーマパークと化している場所へ単身行ってまいりました。その集落のエリアはまるで映画「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくるホビット庄、あるいはムーミン谷のようなメルヘンの世界です。私の想像を遥かに超えて非常にたくさんのお客様が来場していました。皆さんが何を求められてこの場所に来られているのかあれこれ想像するのは、建築の実務家である私としてもなかなか大変ですが、現実を離れて夢の世界へ連れて行って欲しいという気持ちはよーくわかります。少なくとも工業化されたハウスメーカーが扱う合理的で直線的な世界観とは違う。

耐震性とか、省エネ性とか、製造コストとか、資金計画とか建築行為をするにあたって考えなくてはいけない大事なことはたくさんあるけれども、住宅を建てようとする人がまずは建築家と世界観を共有するって大切だなぁと思った次第であります。

同業他社さんでもありますので、ここで実名を明かすのは差し控えますが三方ヶ原台地の赤い土壌の地域とだけお知らせしておきましょう。

関連記事

  1. 気の利いた手摺
  2. 古民家リノベーション
  3. 住宅屋が作るカフェ ヤコブセンの椅子
PAGE TOP